ゴールドカードの知っておきたい審査ポイント

クレジットカードを作るときには審査があります。しかしゴールドカードの場合は審査の基準が非常に厳しく設定されていて審査に落ちる可能性がとても高いのです。ではそんな厳しいカード審査を突破するにはどうすれば良いのでしょうか。 ゴールドカードの審査には幾つかの基準があります。その基準に注意して審査を受ければ合格できる可能性はかなり高くなります。

まず審査を通るための知っておきたいポイントの一つとして「定期的に収入がある安定した職業」があげられます。特に勤続年数が多いサラリーマン、公務員や医者などはその代表とされます。 対して収入が不安定になりがちな自営業の場合は厳しい審査結果が出ることが多いのです。たとえ多くの収入があったとしても自営業の場合は審査を落ちる場合がよくあるので「安定している職業」というのが一番の基準なのかも知れません。

次のポイントとして「年収」があげられます。ゴールドカードの審査においては年収400万円が一つの基準とされています。 加えて「年齢」も知っておきたいポイントの一つと言えるでしょう。20代後半位からとされています。それよりも若い世代や年配過ぎる場合は審査に落とされる場合もあるのでご注意ください。 過去に借金やローンを組んだ際に返済を滞った経験がある場合や一般のクレジットカードの支払いが遅延した経験があると審査が非常に困難な結果になる場合がありますのでご注意を。



クレジットカードの年会費無料にする裏ワザ

クレジットカードにも色んな種類があるんです。 普通は永年年会費無料のカードだとコストもかからずにお得なんですが、低価格の年会費がかかるカードはポイント還元率が高かったり、旅行時の付帯サービスが充実してたりなど、サービスが充実してるんです。けれど、元を取れなくては意味がないので、裏ワザとしては、条件付きで有料の年会費を無料にできるカードがおすすめですね。

例えば、年に1回だけカードを利用すれば、年会費無料になるクレジットカードがあります。 たった年に1回だけ利用するという条件をクリアしてしまえば、充実したサービスを受けることができるんです。 もうちょっと条件があるカードでも、Web明細に切り替えるとか、カード会社の会員サイトに登録するなど、ちょっとした裏ワザで年会費が無料になるカードもあります。

これらの年会費がかかるカードは、たいていは初年度年会費が無料になっているので、最初の1年でどのくらいポイントが貯まるのか、お得度がどれくらいなのかを使いながら判断するのも、おすすめです。 自分に合えばそのまま条件をクリアして年会費を無料にして利用すればいいし、合わなければ年会費がかかる前に解約してしまえば、大丈夫です。



ANAクレジットカードを作るときはキャンペーンに注目

飛行機の利用が多くANAをよく利用している人なら、ANAクレジットカードは持っておきたいカードです。ANAのマイルを貯めることで特典航空券をもらえますから、ビジネスで飛行機を利用する人でもプライベートの旅行などで活かすことができます。

ただし、JALカードはクレジットカードの利用で直接マイレージ口座にマイルが貯まりますが、ANAカードはそうではありません。一度クレジットカード会社のポイントとして貯まってから、それをANAマイルに移行するというシステムなのです。そのため、クレジットカード会社ごとにポイントシステムが異なりますので、マイルの貯めやすさも違ってきます。 そのため、カードを作ろうと考えている人は、クレジットカード会社ごとのポイントの仕組みをしっかりとチェックする必要があります。全日空と提携しているのは4つのクレジットカード会社があり、そこからいくつかの種類のカードが発行されています。

そのため、ANAクレジットカードを作る時に注目したいのは、入会キャンペーンです。同じ作るならキャンペーンを行っている時に入会することで、特典が付いてお得になります。効率的にマイルが貯められるマイルのプレゼントなどもありますので、ANAとともにクレジットカード会社の公式サイトなどをチェックして、その時の注目のカードを探してみましょう。



注目のクレジットカードの比較について

手持ちの現金がなくても決済ができて、ポイント還元もあるクレジットカードはとても便利だから複数枚所持しているっていう人も多いんじゃないかな。たくさんの会社からいろいろな種類のカードが発行されているから、どれが自分にとってお得なカードかよくわからないまま使っている人も少なくないよね。

そんな人にお勧めなのが雑誌やインターネットのお得なクレジットカードランキングなどの特集記事だよ。色々なカードについて、年会費の有無やポイント還元率、付帯保険の内容などについて分かりやすく比較されているから、注目のカードが一目でわかるようになっているんだ。そうした特集を参考んしてカードを選ぶときは、単純にランキング上位の注目カードを選ぶんじゃなくて、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶのが大切だよ。

どういうことかっていうと、流通系といわれるような百貨店や大手スーパーけ入れるのカードの場合は自社店舗での買い物に限ってお得な割引サービスを設定していることが一般的だから、自分のよく行く店のカードを作ると非常にメリットがあるんだ。そういうことを十分に意識したうえで、どのカードを選ぶのかしっかりと比較をして選ぶのが大切だよ。